プロフィール

潜在意識コンサルタント 橋本 沙和

Author:潜在意識コンサルタント 橋本 沙和
2003年からヒプノセラピー、レイキティーチャーをしています。
2012年7月にツインソウルと思われる相手と出会い、ドン底まで落ち込み、たくさんの気づきがあり、別れ。
今はほんわか幸せに過ごしています。
この体験を皆様のお役にたてれば。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

うちのセラピーや、講座の基本(再掲載) 

スポンサーリンク




私のセラピーの考え方を大きく変えたものの1つが、バリデーションとの出会いです。


バリデーションとは、心を強化するという意味があるようですが、もともとは認知症の方のコミュニケーションツールの1つです。

認知症の方は、私たちとは違う現実を生きています。
そして、私たちは私たちの現実に引き戻そうとします。


でも、バリデーションでは、引き戻しません。
ただ、真剣に寄り添いながら聞いていきます。
時にはスキンシップをしたり、傾聴。


これは、セラピーでも必要なんじゃないか?
クライアントさんの世界があって、セラピストの世界があって、ともすればセラピストの世界に引っ張り込もうとしてしまうけど、彼らの現実があってそこに寄り添わないと何もはじまらない。
否定をしてもはじまらない。

とにかく、私はクライアントさんの世界を知りたいと思うようになりました。


ポジティブなことはいいの。


そうじゃなくて、

自分なんて、死んじゃえばいいとか、
みんなに嫌われているとか、
結婚なんて絶対に出来ないとか、
どんなにネガティブなことを言われても、そこに寄り添うの。
そんなことないよって思っても、彼らの世界に寄り添う。

セラピストって、いいこと言って癒してくれそうでしょう?


その方が簡単だと私は思うの。



でも、ネガティブなことを寄り添うのって、覚悟がいる。
死にたいって言っている人に寄り添うのって、すごい覚悟。
でも、逃げたくない。それが、バリデーションだと、私は思った。



バリデーションとの出会いは、セラピストとして本当に大きな気付きでした。


もっと、広まるといいな。



***
バリデーションも取り入れた、セラピスト養成講座は、9月17日(土)13時~17時、レベル1です。
受講料 50,000円

お申し込みはこちらから → ☆☆☆




スポンサーサイト
橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント