プロフィール

潜在意識コンサルタント 橋本 沙和

Author:潜在意識コンサルタント 橋本 沙和
2003年からヒプノセラピー、レイキティーチャーをしています。
2012年7月にツインソウルと思われる相手と出会い、ドン底まで落ち込み、たくさんの気づきがあり、別れ。
今はほんわか幸せに過ごしています。
この体験を皆様のお役にたてれば。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

選べたという勘違い

スポンサーリンク




例えばですが、


美味しいと噂のパスタ屋さんに入って、


ミートソースと、ペペロンチーノが評判で、どちらも美味しいらしい。
でも、2つは食べられないしー。



とか、



わたし、悩まないんですよね。
迷わない。

少しは考える。


昨日の夕飯とか、白い服かとか、ニンニク臭くなって大丈夫かとか。



でも、その程度。



メニューで悩まない人なんです。




なぜ悩まないか。



頼まなかった方は食べないから


です。



どちらの方が美味しかったかは、1つしか食べないわたしには判断できないんだもん。



どちらを食べたとしても、どちらがより美味しかったかわからないなら



どちらでもよくない?


と、思ってしまいます。



仮に友達が別の頼んで、そっちの方が美味しそうでも、食べられないならやはりわからないし、


味見させてくれて、友達の方が美味しかったとしたら、



うわー!美味しい方も食べられたー♡



と思うし。




どちらもまずかったなら、やはりどちらでも一緒だったということだし、



どちらも美味しかったら、両方美味しくて幸せだし、


でも、やっぱり両方食べないと気づけないことだし、



両方食べられないなら、食べてないあっちの方が美味しかったと!とは、気づけないからどうでもいいし。



そうなると、どっちでもいいのですよ。


なんでもいいとは違いますよ?
じゃあ、適当にカップ麺でもとかではない。



あくまで食べたいものの選択肢の中でのこと。



どちらを選んでも変わらないということは、



選んでいるようで実は選んでないのと同じだと思うのです。


前にも書いたけど →



人生って、他の人生は体験できないから、選んでいるようで選べてないんじゃないかな?って、いつも思う。


じゃあ決まった人生を生きるの?つまらない



って、自我は言うけど、



決まってても、知らないなら




決まってないとの同じだよね。






選べてるようで選べてなくて、


決まっているけど、決まってないのと同じ。



それが人生だと思うよ。








スポンサーサイト
橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ