プロフィール

潜在意識コンサルタント 橋本 沙和

Author:潜在意識コンサルタント 橋本 沙和
2003年からヒプノセラピー、レイキティーチャーをしています。
2012年7月にツインソウルと思われる相手と出会い、ドン底まで落ち込み、たくさんの気づきがあり、別れ。
今はほんわか幸せに過ごしています。
この体験を皆様のお役にたてれば。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

愛と犠牲

スポンサーリンク











愛と犠牲て、エネルギーは真逆なのに側から見てると行動が同じなのがやっかい。



犠牲は払う必要はなくて、犠牲を払えない自分を責める必要はない。


愛は無意識に送られているから、意識してすることではないから、


意識しないとできないならそれは犠牲。

理由を探さないとできないならそれは犠牲。

見返りを求めるならそれは犠牲。





見返りを求めてしまうことを、求めなふりするのは犠牲拗らせただけ。



愛は、見返りを求めてないことにも気づいてないようなことだから。



見返りを求めることが悪いのではなくて、見返りを求めないとできないことを無理して、我慢して、自分に嘘ついてすることが問題。









橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

実在と非実在と幻想

スポンサーリンク









Nちゃんが、わたしがいつも話している実在と非実在と幻想のイラストを描いてくれました!


そうなの!こんなイメージ!


一番左が本物の天使。
天使の輪は淡いけど本物の光



真ん中は、天使の格好をした悪魔。
天使の輪も羽も作り物。
そして、しっぽ出ちゃってるw



そして、この悪魔ちゃんは、張りぼての悪魔を作って、

あれ、悪魔ー!
ひどいねー!怖いねー!


て、私たちにいいます。


張りぼて悪魔の下に筆落ちてるのw

見事。



私たちは、真ん中の悪魔にいっつも騙されます。

自我ともいいます。




素敵なイラストありがとー!
絵だとわかりやすいよねー!



橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

情けは人の為ならず

スポンサーリンク








奇跡のコースの中では、


プレゼントは人のためにあげてるのではない。
あなたが誰かに与えたものは、聖霊が全て取っておいてくれて、あなたが実在に帰る時に戻される。


というもの。





プレゼントは、自分のためにしてるから、

相手が喜ぶ必要はない


そして、あなたももらった時に喜べなくていい。
受け取ることに意義がある。



てのが、奇跡のコースの考え方。




わたしは、この考え方好き。





橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

料理をしないと決めた日

スポンサーリンク





1年くらい前かな。


もう料理を自分のためにしか作らない!

て、決めたんです。








わたしは何故か、誰だからわからない誰かの為にずっと料理をしていました。

頑張って作ったハンバーグを、別に作らなくていいのにと、言った兄に対してかも知れないし、

友達みんなで料理したときに、あとで橋本さんのあの料理は…笑 て、意味深な発言した友達に対してかもしれない


よくわからないけど、



そのよくわからない誰かの好みがわからないから、世界中の誰もが美味しいと思うん料理を目指さないといけないと。



でも、そんな料理は存在しないから、料理がしんどくて仕方なかったんです。



料理は嫌いじゃないのに、美味しいものは嫌いじゃないのに、作るのが嫌いで。




未知の誰かの為に、その誰かに美味しいと思われるものを作るって、無理なんですよね。



気づいてから、



もう、わたしが美味しいと思うものをわたしのためにしか作らない!


と、決めました。


そしたら、料理をするのが楽しいー。





これは、屋上で取れた三つ葉と、パクチーと、ローズマリーの餃子。わたしの好きなものばかり。美味しい意外に考えられない!
(前なら男性に好まれなそうな餃子だな。作らんてなってた)



さわさん、へんなのー!そんなあの当たり前じゃん


て、思われるかもしれないけど、




結構みんな何かしらしてる。


誰かに好かれるための料理
誰かに好かれるための洋服
誰かに好かれるための仕事
誰かに好かれるための優しさ
誰かに好かれるための趣味


自分の好みではなく、好かれそうだからと、選んでるもの、してること。


その好かれそうの相手は、特定でないから、本当に好かれるのかもわからない。



ただの妄想!




妄想の誰かに好かれるために、好きじゃないことしてると、


そりゃ何もしたくなくなるよね。




この壺持ってるとツキが向いて来る!

も、そう。



その壺が素敵で飾りたくて仕方ないならよいけど、もやっとした存在のツキさんに好かれるために、好みでない壺置いてみたり。



私たちは妄想の誰かの目をものすごく気にしてる。





橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ

絶対的なもの

スポンサーリンク




この世界には、変わるものがたくさんある。

価値観や、善悪、時代によっても、人によっても違う。


スピリチュアルとかのこと書いたりしてると、これって真実なのだろうか?

と、疑う気持ちが出てくる。



そんな時、わたしは絶対的、確実なことを思い出すことにしてる。



①この世界の全ての人は死ぬということ。

死なない人いない。
あかちゃんでも、ムキムキセラピストでも。
必ず死ぬ。



②死んだことのある人はこの世界に1人もいない。

死んだ経験した人て、1人もいないんだよ。
死んだ経験をした人を見た経験がある人はいるけど、一人称の死はない。
臨死体験だって、死んでないんだから、実はそれが実際の死と全く違う可能性もあるよね。
イタコさん的な死者の話も、実はわからないよね。
死がどのようなものなのか、実は誰も知らない。




この2つは、絶対的にかわらない真実。
変わりまくりのこの世界で、変わらないこと。




この2つをわたしは思い出すようにしている。





必ず死ぬし、でも死んだことのある人はこの世界にどこにもいない。
死がどんな体験なのかは誰にもわからない。



この2つを覚えていることで、無敵になれると思っているよ。




橋本 沙和の公式LINEは ↓ から
友だち追加

エールセラピールームPC用HPはこちら ⇒


エールセラピールームスマホ用HPはこちら ⇒


本日もご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。1日1回ワンクリックしていただけると、励みになります。(#^.^#)

人気ブログランキングへ